漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

暗闇の中を全裸で戦い抜くことに?!漫画ゴールデンカムイ電子書籍13巻

 

漆黒の闇の中での死闘

12巻の終わり、温泉入浴中というこれ以上ない無防備な状態で急襲を受けた杉元達。
この後どうなるのといった終わり方をしましたが、13巻ではなんとそのままの状態で戦闘に巻き込まれていくことになります。
何も見えない夜ということもあって杉元達の形成は非常に不利。
しかし、そんな中でも機転を利かせて戦っていくことになるんですね。
襲ってきた都丹一行は盲目の囚人の集団であることから、相手は見えなくても音で全てを察知し動くことができるという大ピンチの状況。
どうしようもない逆境でハラハラドキドキなのですが、そこはさすがゴールデンカムイ。
不死身の杉元達の圧倒的強さをいかんなく見せつけて敵を圧倒&読者を笑わせてくれる内容になっています。
シリアスなシーンでもストーリーに笑いを盛り込んでくれるので、本当に飽きることなく読み続けられる漫画だなと感心してしまいますね。
シリアス&ギャグがふんだんに楽しめる貴重な回、漫画はぜひ電子書籍で購入することをおすすめします。

 

網走監獄潜入計画

 

都丹戦の末に、杉元一行は土方一行と同流。
ついに両派全員が揃うことになり、網走監獄への潜入計画が現実のものとなっていきます。
そしてこの計画で鍵を握ることになっていくのが、12巻で登場した門倉看守部長。
彼は前巻で犬童典獄から役立たずとののしられていましたが、実は土方との内通者だったんですね。
ぼんくらタヌキと思わせておきながらきっちり己の役目を果たすその姿は、なかなかの食わせモノです。
どんな漫画においてもやる気は無いけどやることやるタイプのキャラというのはやはり読者を魅了しますから、ぜひゴールデンカムイ13巻は電子書籍で門倉看守部長についてもしっかりチェックして欲しいところですね。
やる気の無い門倉看守部長が土方歳三に忠義を示すシーンは、彼が登場する回の中でも非常に貴重なものとなっています。
後々にキャラがガラっと変わってしまう人なので、ぜひこのエピソードでの働きぶりを目に焼き付けておいてください。

 

ついに突入!そしてついに第七師団も

 

ゴールデンカムイ13巻では第七師団も登場。
のっぺらぼうを狙う鶴見中尉率いる第七師団も網走監獄に突入してきます。
月島軍曹、鯉登少尉、宇佐美上等兵、そして新たに鯉登少尉の父親鯉登少将までも登場しますから、まさにオールスターといった感じです。
中盤では鶴見中尉の協力者として武器開発の第一人者有坂中将も再登場しています。
元々怖さとミステリアスさを備えた鶴見中尉ですが、13巻終盤ではその魅力をいかんなく発揮した登場をしてくれるので、彼のファンは必見です。
彼を信奉する鯉登少尉、宇佐美上等兵を織り交ぜたカリスマ性を演出したシーンも終始描かれているので、電子書籍で確認してみてくださいね。
いよいよ網走監獄突入というハラハラドキドキを隠せない、非常に濃い巻となっています。
作中全てのキャラクターが登場するので、誰のファンにおいても必見です。