漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ワンピース8巻 ワンピースを貫く信念というテーマ

 

 

8巻は名シーンの宝庫です。

 

ルフィとクリークの戦いが大詰めを迎えており、剣山マントや鋼鉄の鎧などといった、様々な装備で身を固めたクリークに対し、ルフィは素手で立ち向かっていきます。

 

そんな激闘のさなか、ゼフがサンジに、「どんな強力な装備であっても、うちに秘めた信念には敵わない」と語るシーンが印象的ですね。

 

この漫画において信念というのは一つの大きなテーマとなっています。

 

その信念というテーマが大々的に語られたのが、クリーク海賊団のストーリーです。

 

作者自身も、ワンピースの世界での戦いは、信念と信念のぶつかり合いであると語っています。

 

物理的に相手を行動不能にしたり、命を奪うことが戦いに勝つことではなく、相手の信念をへし折ることが、戦いの勝利として定義しています。

 

ですので、体自体はピンピンしていても、心が折れてしまえば、それは負けであるということでもあります。

 

だからこそ、6巻で実力的には圧倒的に差がありながらも、世界最強の剣士ミホークがゾロを認めたのでしょう。

 

命を失うかもしれないダメージを負いながらも、心は折れていなかったからこそ、ゾロを強きものと認めたわけです。

 

この漫画の戦いでは腕力や力も大事なのですが、同様に、そのキャラクターが持つ信念という部分も非常に大事ですので、信念というキーワードを持ちつつ、ストーリーを読み返してみると、新たな発見が多く面白いはずです。

 

 

作中屈指の名シーンが描かれる

 

この漫画には名シーンがいろいろとありますが、8巻でも屈指の名シーンが登場します。

 

ワンピースの名シーンランキングというものがあれば、安定してランクインするくらいのシーンではないでしょうか。

 

そのシーンが名シーンとなっているのは、やはり、そこに至るまでの一連の流れがあってこそです。

 

この漫画を読む人なら、絶対に一度は読んで欲しい部分ではありますね。

 

 

王下七武海という圧倒的存在感

 

ワンピース8巻では、王下七武海というワードが初めて登場します。

 

王下七武海というのは政府公認の海賊のことで、政府によって海賊行為を認められた存在です。

 

海賊というのは犯罪者ですから、政府公認の犯罪者と考えると、その存在の異常さがわかるのではないでしょうか。

 

王下七武海について紹介するキャラクターが政府の犬と表現するのも無理はないことです。

 

同業の海賊たちからしたら、あいつらは海賊ではないという認識なのかもしれません。

 

ですが、6巻で登場したミホークも王下七武海の一員であったように、相当な実力を持っていることは間違いありません。

 

ワンピース世界における王下七武海というのは、ストーリーとの関係も非常に深い存在ですので、この後どのように絡んでくるのか、気になるところではありますね。

 

そもそも、なぜ政府が海賊などという犯罪者を公認しているのか、冷静に考えてみれば非常におかしな話です。

 

そのあたりの理由を考えながら、読み進めるとさらにワンピースのストーリーを楽しめるのではないでしょうか。