漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ワンピース46巻・おもしろガイコツ、ブルック登場

魔の三角地帯に突入!

 

ウォーターセブンを出港した後、麦わらの一味は次の島を目指します。
しかし、そこに行くためには「魔の三角地帯(フロリアントライアングル)」と呼ばれる場所を通らなくてはいけません。
ちなみに毎年100隻以上が謎の消失を遂げると言われている地帯であり、冒険好きなルフィにとってはたまらない場所かもしれませんが、ナミやウソップにしてみれば「勘弁して欲しい」という場所ですよね。

 

 

唄うガイコツに遭遇!

 

魔の三角地帯に突入した後、ボロボロの船の上で歌うガイコツと遭遇します。
すぐに船に乗り込もうとするルフィとくじ引きによってサンジとナミも一緒に乗ることになりました。
もしかして、ここからホラーの流れなのかなとドキドキしていると、ガイコツはブルックと名乗り、ガイコツにも関わらず明るくしゃべりまくります。

 

ルフィは面白いもの好きなのですぐに仲間に誘いますが、ブルックは??……即答で快諾。
流石にこれには他の仲間たちも驚くことでしょう。

 

スリラーバークに突入

 

サニー号に乗った後、ウソップがブルックが鏡に映らないことに気づきます。
ちなみにブルックは死んでも生き返れる「ヨミヨミの実の能力者」でした。
でも、これって魂だけ生き返っても特別な能力などはなさそうなので、ヨミヨミの実の能力を使った後は泳げないだけのガイコツになってしまいそうですね。

 

話は戻りますが、鏡に映らないのは影を奪われているからです。
影を取り戻さないと太陽の下では消滅するため、影を取り戻すまでは仲間になれないと言います。
ブルックは自分だけスリラーバークに上陸して、ルフィたちに逃げるように言いますが、目の前に冒険が待っている島があるというのにルフィが逃げるはずありません。
仲間(主にウソップとナミ)の反対を無視してスリラーバークに上陸することになりました。

 

ワンピースと言えば冒険

 

ワンピースの醍醐味と言えば、やはり冒険でしょう。
冒険とバトルがあるから、ワンピースなんだって言っても過言ではありません。
でも、46巻になってから少し今までとは違った雰囲気になってきましたね。
ホラー系の話なんて、46巻になるまで全然出てきませんでしたし、それらしい兆候もなかったですよね。

 

46巻ではドクター・ホグバックとシンドリーに歓迎されますが、何かおかしな雰囲気です。
実はブルックのように影を奪われた被害者は多くいたことがわかります。
影を奪ったのは王下七武海のひとりであるゲッコー・モリアです。
七武海と言うと、クロコダイルと同じですよね。
つまりアラバスタ同様に、七武海が何らかの悪さをしているということなのでしょうか。

 

個人的にはホラー系は苦手なのですけど、ワンピースでホラーってどうなるんだろうって楽しみです。
46巻からスリラーバーク編に入りましたが、どのくらい続くのでしょうね。
アブサロムとペローナが登場したところで46巻は終わりでしたが、47巻ではどうなるのか楽しみです。