漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ワンピース48巻・決して操れないもの

 

 

サンジとアブサロム

 

ワンピース48巻はほぼ戦闘メインの巻です。
そのためシリアス全開かと思ったんですけど、どちらかと言えばギャグも結構入っていました。
特にその中でもサンジとアブサロムは個人的に、ワンピース48巻の中で2位に入る面白さでしたね。

 

その理由は、サンジが「おれから夢をひとつ奪った男」とアブサロムに言うんです。
もしかしたら、スリラーバーク以前からの因縁があったのかと思ったんですけど……全然違いました。
アブサロムはスケスケの実の能力者です。
透明になるってシンプルですけど、敵になられるとかなり厄介だと思うんですよね。
どこから攻撃してくるかわからないですし、スパイ活動なんかにも役立ちます。
サンジは「透明人間になる」という夢があったらしく、アブサロムがスケスケの実を食べてしまったことで彼が持つ夢のひとつが潰れてしまった、ということなんです。

 

個人的に何と言う八つ当たりなんだ、と思いました。
しかもサンジがスケスケの実を食べたとしたら、女性陣からクレームきまくりの可能性が高いです。
ナミとロビンのお風呂を覗くとか、絶対に戦い以外で活用しそうですもんね。
こういうことをさらっと言うからサンジは人気なんでしょうけど、意味深なこと言っているわりにスケベ心か! と良い意味で脱力させてもらいました。

 

ウソップとペローナ

 

ワンピース48巻の見どころと言えば、やはりウソップとペローナのバトルでしょう。
ペローナはホロホロの実の能力者であり、相手と強制的にネガティブにしてしまうものです。
これにはルフィも引っかかってしまい、どんな人でも防ぐことはできないある意味強い能力です。

 

しかし、なぜかウソップにだけ「ネガティブ・ホロウ」が利かないんです。
これにはペローナも驚きましたが、エネルの時のようにルフィがゴムだからという理由があるのかなと思っていたら……「おれは元からネガティブだ!!」という言葉に一瞬言葉さえ失いました。
確かにウソップは麦わらの一味の中では下にランクされる部分があります。
戦闘力とか特にそうですよね、でもだからといって普段からネガティブにならなければいけないほどではないと思うんですよ。

 

結局「人は生きているだけで前を向いているハズなのに」とペローナから同情されてしまいます。
ある意味、この戦いに関してはウソップは無敵ではないかと思います。
だって、絶対に負けようがないんですから……。

 

チョッパーとホグバック

 

サンジとウソップのバトルは笑いに入っていましたが、チョッパーはシリアスでしたね。
ゾンビを作りだすという医師としてあるまじき行為にチョッパーは怒りを覚えます。
その言葉は魂がないはずのシンドリーにも届き、身体が動かなくなるほどです。
魂がなくても、心の奥底に届いたんでしょうね。
最後はシンドリーも笑顔を見せていました。
これは魂云々ではなく、心の問題なのでしょう。
サンジとウソップで笑わせてもらった分、余計に心に突き刺さるものがありました。
ワンピース48巻は笑いではウソップ、シリアスではチョッパーかなと思います。