漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ワンヒ?ース56巻 黒ひけ?インヘ?ルタ?ウン襲撃の謎.

 

 

ワンピース56巻では、黒ひげ海賊団がインペルダウンを襲撃するシーンが描かれています。

 

実際には、襲撃したのではなく王下七武海の権限を使って中に入ったわけですが、そのあと本性を現して、監獄内を荒らしまわったという流れになっていますね。

 

 

 

黒ひげはこの漫画の裏の主人公ともいわれており、初登場時から得体のしれない雰囲気を放っていたキャラクターです。

 

黒ひげは「成り上がる手段をすでに考えてある」と作中でも語っており、計画的に行動して、ものすごいスピードで勢力を拡大しています。

 

そんな黒ひげが、なぜインペルダウンに向かったのか、そのあたりの動機は非常に気になるところですね。

 

 

 

表の主役が麦わらの一味なら、裏の主役が黒ひげ海賊団ということで、この物語は、今後もルフィと黒ひげの動向を中心に展開することは、間違いないのではないかと思います。

 

 

 

マゼランが強すぎたシーン

 

 

 

黒ひげは得体が知れないキャラクターで、主人公の兄貴であるエースでさえ倒してしまうくらいの強さを持っています。

 

 

 

ただ、そんな黒ひげですがワンピース56巻では、マゼランに一方的にやられてしまうことになります。

 

しかも、一人ではなく仲間たち全員がマゼランの毒にやられるわけですから、これって結構衝撃的なシーンだと思うのですよ。

 

マゼランはインペルダウン限定のキャラクターで、今後、物語りの本筋と関わる可能性は低いでしょうが、強すぎますね。

 

 

 

ワンピースキャラの強さについての議論でも、マゼランは強キャラとして挙げられることが多いですが、あの毒の能力であれば当然と言っても良いかもしれません。

 

特に、インペルダウンのような閉鎖された空間での戦いとなると、かなり強いだろうなという感じです。

 

 

 

バトルメインの漫画だと、強さがどんどんインフレしていくため、過去に出てきたキャラは、存在感が薄くなりがちですが、空島で出てきたエネルやこのマゼランなどは、その能力の強さも相まって、今でも強キャラとして認識されている点が面白いところです。

 

 

 

衝撃的なシーンの多い56巻

 

 

 

ワンピースの56巻では、衝撃的なシーンが出てきます。

 

 

 

マリンフォードでのエースの処刑が近づき、否が応でも緊張感が高まるわけですが、そこで、海軍元帥のセンゴクから衝撃的な事実が明かされることになります。

 

この事実は、ワンピースという物語において、非常に重要度の高い物であり、物語の今後の展開にも深く関わってくる内容となっています。

 

最初に、このシーンを読んだ時はかなり驚きました。

 

 

 

インペルダウンからマリンフォードでの戦争あたりは、ちょうど物語の折り返し地点に当たる場面であるため、衝撃的なシーンがとても多いです。

 

このあたりは、強キャラのオールスターであったり、今後につながる新しい展開など、非常に見ごたえのあるエピソードが続いていくので、私も非常に好きな部分です。

 

 

 

いろんなキャラがどんどん出てくるので、一度では味わいつくせないかもしれません。