漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画が電子書籍で読むのがおすすめ ワンピース20巻・麦わらの一味の戦い

 

 

ワンピース20巻の見どころ

 

ワンピース20巻の見どころは、やはりルフィVSクロコダイルでしょう。
しかし、どれだけ攻めてもルフィの攻撃は無効化されてしまいます。
それは、クロコダイルが食べたスナスナの実の能力で攻撃をしても砂になってしまうからです。
逆にクロコダイルは悪魔の実の能力で相手から水分を奪うというものがあります。
どう見てもルフィに勝ち目はありませんよね。
結局、クロコダイルにやられてしまうのですが……ここで不思議なことが起こります。
瀕死のルフィを助けたのは、ミス・オールサンデーだったんです。
この人、根っからのクロコダイルの仲間という雰囲気ではなさそうに見えるんですけど、目的がいまいちわからずに逆に不気味ですね。

 

超カルガモ部隊と仲間の証

 

王国軍と反乱軍の衝突を止めるために、超カルガモ部隊の力を借りることになります。
アラバスタ最速であり、ビビと一緒にいたカルーは超カルガモ部隊の隊長みたいです。
てっきりマスコットみたいな感じだと思っていたので、隊長だったことにびっくりです。
首都アルバーナを目指すビビと麦わらの一味ですが、もちろんバロックワークスの邪魔が入ります。
ミスタ?1のペア、ミスター4のペア、あとミスター2であるボンクレーです。
ちなみにボンクレーだけパートナーがいないのは、きっとオカマさんだからでしょう。

 

しかし、麦わらの一味が囮となり、バロックワークスのメンバーを引き受けている間、ビビが反乱軍の前で必死に呼びかけますが、砂埃によってビビの姿がかき消され、コーザとは無情なすれ違いになります。
反乱軍と王国軍は衝突してしまい、ビビの願っていた「血を流さない」という夢はなくなりました。
ですが、ビビは麦わらの一味と一緒にいたことで諦めの悪さを学んでいるので、衝突してしまった後も両軍をなんとかいさめようと考えます。

 

そこにウソップが現れたのですが、超カルガモではなくなぜか白馬に乗っていました。
なんとなく不審に思ったビビが仲間の証を提示するように言いますが??。
ウソップは包帯を見せます。
しかし、それはみんなで決めた合図ではないのでビビはカルーと一緒に一目散に逃げるんです。
ちなみに仲間の証は包帯を見せることではなく、包帯の下のバツ印を見せるというものでした。
確かに包帯を巻いているだけでは目立ちますから、二段トラップにしたのでしょうね。

 

ウソップ&チョッパーのバトル

 

チョッパーがミスター4ペアとのバトルに苦戦していると、ウソップが駆けつけてきました。
どうやらミスター4のパートナーであるミス・メリークリスマスはモグモグの実の能力者であり、モグラ人間のようです。
しかも驚いたことにミスター4の愛銃はイヌイヌの実を食べた銃なんだそうです。
銃も悪魔の実を食べるなんて、ちょっととんでも展開になってきましたね。
グランドラインはなんでもありすぎな気がしてきます。
その後、苦戦しながらもミスタ?4ペアに勝つのですが、ウソップの男には戦いを逃げてはいけない時がある、仲間の夢を笑われた時だ!というセリフはボロボロになっていたはずなのにかっこよかったです。
仲間の夢を笑うやつを許さない、羨ましいくらいの絆があるんですね。

 

ワンピース20巻は仲間の絆を感じられる巻でしたね。