漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ワンピース21巻でついにわかる!?クロコダイルの目的とは

 

 

サンジVSボンクレー

 

ワンピースの21巻では、麦わらの一味の戦いが集まっています。
ちなみに20巻でチョッパーと共闘してミスター4ペアを倒したのですが、その前にミスター2であるボンクレーに瞬殺されていたんですね。
21巻ではそれまでに出ていたエージェントとの戦いが記されています。
その途中でサンジがやってきて、ボンクレーとサンジとのバトルに入りました。

 

しかし、このボンクレーはある意味でサンジにとって天敵とも言える存在だったんです。
なぜなら、ボンクレーはナミにも姿を変えることができるからです。
サンジは騎士道精神に溢れたキャラクターであり「女性には攻撃しない」と自分で決めています。
つまり、いくらボンクレーだとわかっていても、ナミの姿をしていることで攻撃できなくなるんです。
ボンクレーは左手で頬を触ると元に戻ります。
サンジは上手く誘導して、ボンクレーの姿を元に戻して見事勝利を勝ち取りました。

 

ですが、ボンクレーは「姿を変える」という能力の持ち主で、それ以外はすべて自力です。
諜報活動などには役立ちそうですが、戦闘面ではまったく役にたたない悪魔の実でもあるんですね。

 

ナミVSミス・ダブルフィンガー

 

続いてはナミとミス・ダブルフィンガーとのバトルがありました。
ミス・ダブルフィンガーはトゲトゲの実の能力者であり、全身トゲ人間です。
ある意味攻撃に特化した能力ですよね。

 

ナミは戦闘員というイメージはないですよね。
航海士なので戦闘に特化してはいないのですが、ウソップの発明により「天候棒(クリマ・タクト)」を授けられたことで見事戦闘員としての力を開花させました。

 

結論から言えば「トルネード・テンポ」でミス・ダブルフィンガーを撃破するのですが、そこに至るまでが宴会芸のようなものばかりで、ミス・ダブルフィンガーからも「不憫」と憐れまれるほどです。
ワンピースは巻数が進むほどに、どんどん仲間たちの成長を見られるのもいいですよね。

 

ゾロVSミスター1

 

ゾロの相手はスパスパの実の能力者であるミスター1です。
ちなみに、ミスター1の話が最初に出てきた時、ルフィの兄であるエースが登場したので、てっきりミスター1はエースなのかと当初は勘違いをしていました。
でも、これって絶対作者のミスリードですよね。
実際にエースがバロックワークスの関係者じゃなくて良かったんですけどね。
エース自体は白ひげ海賊団の2番隊隊長という、バロックワークスとは比べものにならない地位にいる人でしたけどね。

 

ゾロも最初はミスター1に苦戦していましたが、石の呼吸を聞くことができるようになり、見事ミスター1を撃破しました。
ある意味、ゾロが成長するためにミスター1は必要だったということかもしれませんね。

 

明かされたクロコダイルの目的!

 

麦わらの一味が各エージェントと戦っている間、ビビとコブラの前にクロコダイルが現れました。
そこで、なぜクロコダイルがアラバスタに目をつけたのは理由が明かされたんです。
その理由は、世界兵器の「プルトン」を手に入れるためでした。
その居場所を知らせるポーネグリフを探しているために、アラバスタに目を付けたのでしょう。

 

ワンピース21巻ではクロコダイルの目的、麦わらの一味の奮闘が見どころでした。