漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ワンピース24巻でいつの間にか仲間に?ニコ・ロビン!

 

 

勝手に乗っていたニコ・ロビン

 

ワンピース24巻で印象的なのは、空島の存在とニコ・ロビンでしょう。
アラバスタ王国を出港してからしばらく経った頃、平然と船内から出てきたのは、クロコダイルのパートナーであり、裏切られたミス・オールサンデーことニコ・ロビンでした。
当然ながら、ルフィとサンジ以外の仲間たちは疑いますが次々にニコ・ロビンに陥落されていきます。

 

ニコ・ロビンの夢

 

24巻で出てきたのは、アラバスタ王国のニコ・ロビンが行ったこと真実でした。アラバスタ王国の聖殿にあったポーネグリフ、実はクロコダイルが望んでいたプルトンのありかが書かれていたんです。
ニコ・ロビンなりにクロコダイルの手に兵器が渡ってはいけないという考えもあったのでしょう。

 

ニコ・ロビンが求めているもの、それは空白の100年を語る真の歴史を語る石、リオ・ポーネグリフです。真実が知りたいだけなのに、「私の夢には敵が多すぎる」と涙を流すニコ・ロビン。
死を覚悟していた時に、ルフィが抱きかかえて連れて逃げたために、ニコ・ロビンはルフィに責任を取れと言って来たようです。

 

空島の存在

 

ログ・ポースはグランドラインを旅する上で必要不可欠なものです。
航海士であるナミが管理していたのですが、なぜか指針が真上に向いてしまいます。
普通であれば壊れたと思うのですが、ニコ・ロビンが言うには「空島にログを奪われた」とのことです。
ニコ・ロビンは航海を続ける上で、ログ・ポースだけは疑ってはいけないとナミに言います。

 

その時、ガレオン船が落ちてきて、その船の中から「空島の地図」を手に入れます。
スカイピアと書かれた地図に、麦わらの一味も期待が高まりますが、途中で出会ったサルベージ軍団が落としていった「ジャヤ」という島を目指すことになりました。

 

夢を追うもの、追わないもの

 

ジャヤにはルーキーとして名をあげているベラミー海賊団が滞在していて、ナミが空島のことを聞いても笑われるだけでした。
地図を見せても、更に笑われるだけで夢を馬鹿にされて殴られても反撃をしないルフィとゾロはとてもかっこよかったですね。
夢を馬鹿にされて反撃するということは、それを自分で認めてしまうことになります。
だからナミが言っても反撃をしなかったのでしょう。

 

ルフィたちが殴られている間、別行動をしていたニコ・ロビンが「モンブラン・クリケット」という人物について調べてきていました。
クロコダイルの片腕として動いていたせいもあり、諜報活動は得意なようですね。
ある意味、今までワンピースで味方のタイプとしてはいなかったタイプなのでずっと居続けてほしいですね。

 

ただ、終盤でベラミーがモンブラン・クリケットに興味を持っているのが不穏な雰囲気です。
恐らく何らかのトラブルが起こるのは分かりますね。
ベラミーが仲良く空島のことを話に来るとは思えませんし……。
ワンピース24巻は良いところで続いていることもあり、25巻も目が離せませんね。