漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ついに夢の国、空島へ!ワンピース26巻

 

 

空島

 

ワンピース26巻では、無事に空島に辿り着いた麦わらの一味がメインとなります。
入国審査でお金を支払わずに入ったことで、スカイピア警察によって不法入国の罪に問われてしまいます。
これはほぼ後半の話になりますので、順を追って感想を書いていきたいと思います。

 

空島の女性・コニスと出会う

 

空島の人って、背中に翼が生えているだけではなく頭に変な飾りみたいなのがついていますよね。
空島の住人だからなんでしょうか。
最初に出会ったコニスの家に招かれ、空島では当たり前に使われている「ダイヤル」の存在を知ります。
風や炎、匂い、声を貯めておくことができるものみたいです。
ウソップ辺りが上手く改造して武器や道具にしてくれそうですよね。

 

スカイピア警察によって不法入国罪に問われる

 

どこの国だって不法入国は許されませんよね。
今回はルフィたちが不法入国してしまい、船ごと仲間が連れ去られてしまいました。
その後、ルフィ、サンジ、ウソップは船が運ばれたであろうアッパーヤードに向かうことになりました。
コニスも快く案内を申し出てくれたのですけど、なんか様子が変です。
様子がおかしいことを指摘したら「逃げてくれませんか」と言われてしまいます。

 

実は驚いたことに、仲間や船が運ばれた超特急エビを呼んだのはコニスだったんです。
犯罪者は裁きの地に誘導しないと神から殺されてしまうようです。
それが国民の義務だから、と涙ながらに語るコニスですが、ここで3人が怒ります。
「なんでそれを俺達に言うんだ」と。
超特急エビを呼んだことを怒るのではなく、国民の義務だと言うならそれを口にするべきではいないと3人は考えたんでしょう。

 

空島で最初に会った変な人は神様だった

 

コニスが懺悔をしたことで殺されそうになりますが、そこに現れたのがガン・フォールでした。
実はコニスに会う前に麦わらの一味たちはガン・フォールに会っています。
謎の人物だったんですけど、コニスが驚きの言葉を言ってしまうんですね。
「帰って来てください、神様」と。
神様はさきほどコニスを殺そうとした人なのですが「帰ってきてください」ということは追い出されたという見方が一番濃厚なのかもしれません。

 

アラバスタ編が落ち着いたと思ったら空島でもトラブルあり?

 

アラバスタ編が長かったので、個人的には小休止のような話になるのかと思っていたらそうではなかったみたいですね。
更に空島の神官たちと戦うことになりますが、相手の心を読む「心綱(マントラ)」を使えることによってこちらの攻撃などにも影響が出てしまうようです、
ワンピース26巻では「玉の試練」が最後に出てきています。
わざわざ書くというからには、ワンピース26巻以降では別の試練があるということでしょうか。
恐らくその試練に適した戦い方があるのでしょうし、決して簡単とは言えないのではないかなと思います。
この玉の試練についても、試練の中でももっとも弱いから先に出たのかな、と考えてしまいました。