漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 飛信隊のさらなる飛躍 そして別れと再会 キングダム23巻

 

 

キングダム23巻までのあらすじ

 

秦と魏による戦いは、桓騎が魏軍本陣を落としたことで決着がつきました。
蒙ゴウと廉頗の戦いは蒙ゴウが片腕を失う形になりましたが、命を奪われることなく終わります。

 

山賊上がりながらも、かつての六代将軍に匹敵する才を持つと言われている桓騎。
やっていることはかなり外道寄りですが、その実力は本物ですね。
そして気になるのは、それでもまったくそこを見せたようには見えないところ。

 

ここ一番で頼りになる活躍を見せてくれますが、今後どこかで大きなことを起こしそうに見えますね。

 

強引な和睦

 

廉頗の出した魏軍の負け宣言は、しっかりと状況を読んでの考えでした。
秦側は万の軍が残っており王翦も様子をうかがっている状態です。
さすがにこの状態から戦況をひっくり返すことはできず、抵抗しても全滅の危険があることから負けを認めることになったのですが、もちろんそれで終わるではありません。

 

本来なら勝者側が決める和睦の条件を敗者側から突きつける展開は、いかにも廉頗らしい展開です。
しかしそれが理にかなっていることは蒙ゴウも理解しており、秦と魏の戦いは秦軍の勝利で終わります。

 

一時の別れと再会

 

義軍との戦いも終わった中、羌カイが仇を追うため再び旅立ちます。
一人で旅立つ羌カイですが、それを察しない飛信隊ではありません。

 

落とし穴からの激励で、飛信隊らしく彼女を送り出しました。
これまで隠してきた女性であることがバレてもしっかりと戻る場所ができたことで、気持ちよく旅立ちます。

 

羌カイとは一時の別れになりましたが、今回の戦いで功を上げた信は正式に千人将へ昇格。
しかしその後の戦いは負け続きで、絶不調です。
その原因はとてもわかりやすいもので、これまで策を考えていた羌カイが抜けたことで、軍師なしのような状態になっていたからです。
そんな飛信隊に対して、蒙恬から軍師を派遣してもらうことになりました。

 

蒙恬の弟である蒙毅が軍師に就くことになりましたが、いざその軍師を迎えに行ったところで出てきたのは、どこかで見たことがある鳥を模したミノを身につけた怪生物。
そう、河了貂です。

 

表紙になっていることからとうとう出番が来たと思っていましたが、実に良いタイミングで出てきましたね。
キングダム23巻のハイライトは間違いなくここです。

 

飛信隊 完全体まであと少し?

 

これまでずっと修行中だった河了貂が戻ってきたことによって、飛信隊もようやく千人将隊として力を取り戻すどころかさらなる飛躍を見せます。
今は羌カイが離脱をしていますが、彼女が戻ってきた時が本当の意味で飛信隊として形になるので、今から楽しみですね。

 

それにしても成長期とは言え、貂は一年でずいぶんと成長しましたね。
さすがの信相手でも誤魔化せないどころか、誰が見ても女の子です。
出てくるのはわかっていましたけど、やはりあの見開きは読んでいてとても良いものだと感じました。
キングダムの23巻は色々と節目の巻ですが、これからもどんどん面白くなっていきます。