漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 長平の恨み 万極との戦い キングダム27

 

 

キングダム27巻までのあらすじ

 

秦と合従軍との戦いが始まり、函谷関を巡って各国の軍が入り乱れる。
その中で飛信隊はヒョウ公軍に配属されて趙軍と死闘を繰り広げます。

 

一方、楚軍との戦場では王騎の元で副官を務めていた騰が、楚軍第一将軍の臨武君を討ち取る大金星を上げます。
敵将撃破の勢いに乗り蒙武軍は勢いづく中、まだまだ戦いは続きます。

 

秦国への恨みに燃える万極軍

 

ヒョウ公軍と趙軍との戦いが続く中、飛信隊の前に万極軍が立ちはだかります。
万極と言えばその不気味な風貌から記憶に残っていましたが、彼が率いる軍は秦国に対して大きな恨みを抱えていました。

 

これは秦国六代将軍が活躍していた時代にまで遡りますが、かつてあった長平の戦いで六将の白起が投降した趙人四十六万人を生き埋めにしたことが原因でした。
万極軍はその長平での遺族と遺児のみで構成されており、彼らの背後には怨念がみえます。

 

キングダムでは気迫によって体のサイズが変わったかのような演出はありましたが、ここまで明確なオカルト現象は無かったですね。
秦の人間であるだけで長平の戦いとは関係が無く、それどころかその恨みについても知らない信達にも見えるのですから、これは本物の霊と言えます。

 

「怨念は次の怨念に連なり輪となる」とは万極の言葉ですが、その呪いを振り切る形で信が万極を切り伏せます。
趙軍の将軍を討ち取ったので、これもまた大金星ですね。

 

初日の戦いが終わって翌日の戦いに備える中、信と貂との間にハプニングが発生します。
激しい戦ですが、こういうイベントも間に挟んでくるのは珍しいですね。
男女の話は太后が濃すぎたので心が安らぎます。

 

戦いの天才 女傑・禍燐登場

 

楚軍の第二軍将軍として登場した禍燐ですが、かなり攻撃的な顔つきをした女将軍です。
身長が高くそのことに触れると斬首とのことですが、作中では3メートルくらいありそうに見えます。

 

生き残った臨武君の軍勢を使い潰すかのような戦いをする禍燐ですが、それにはしっかりとした理由がありました。
凡戦を続けて十日で函谷関を落とす。
李牧はこの言葉の真意に気づき彼女のことを戦いの天才であると再認識しますが、その意味は秦軍の消耗を誘う作戦でした。

 

最終決戦へ向かう27巻

 

キングダム27巻は、信が万極を討ち取ることで大きな動きを見せますが、そこからは静かな流れになります。
静かと言っても戦争状態なのですが、戦局が大きく動くことはありませんでした。

 

禍燐の見立てでは十日後に総力で函谷関を落とすとのことでしたが、秦軍の粘りもあって実行は十五日後。
ここからが本番です。

 

まだまだ禍燐は底を見せておらず、これからの総力戦のことを考えると気は抜けません。
そんな中で、王騎が死んでから精神的に成長した蒙武が本格的に戦いを始めます。

 

まだまだ不安要素は残りますが、合従軍との戦いはまだまだ続くキングダム。
28巻も楽しみです。