漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 中華最強は蒙武か汗明か キングダム28巻

 

 

キングダム28巻までのあらすじ

 

秦軍と合従軍の戦いの中で、信は敵将の万極を討ち取ります。
そこで勢いづく秦軍ですが、合従軍はそこから大きな動きを見せずに秦を消耗させる作戦を選びました。
そして戦いの開始から十五日目に、合従軍全軍による総攻撃が函谷関を襲います。

 

彼女の身長のことに触れたら殺されてしまう女傑の禍燐や、毒使いで見た目が人間を止めている感じの成恢など、どんどん濃いキャラが投入されてきましたね
そんなキングダムの28巻、スタートです。

 

遅効性の毒・豪丹丸

 

秦軍の張唐は、韓軍総大将の成恢から攻撃を受けていました。
それはただの煙のように見えて、八日後に血を吹かせて人を殺す「豪丹丸」という毒です。

 

もはや助かる見込みもない張唐、そして陥落間近の函谷関。
そこへ現れたのは盗賊上がりの将軍・桓騎でした。

 

武将としての誇りどころか秦国への忠誠などもまったく無いそぶりを見せる桓騎は、張唐との相性は最悪。
しかし戦いの中ではそんなことは関係なく、桓騎の策により張唐と共に成恢の首を獲るために動き出します。

 

このあたりの作戦は鮮やかと言うか、かなりの無茶です。
まず普通なら考えず、それを決行する度胸も含めて桓騎が持つ力の一端が見えますね。

 

秦軍の武将の中でも異彩を放つ桓騎ですが、敵ならともかく味方ならとても頼もしい存在です。
ただ、張唐のように彼と対立する人間はこれからも出てくると予想できます。

 

将軍を餌にする奇策

 

舞台はヒョウ公軍との戦いに移り、飛信隊も激闘を続けていますがさすがに体力の限界が来ます。
戦場が膠着状態の中、慶舎をおびき出す作戦として信はヒョウ公を囮にする作戦を閃きます。

 

これもまた奇策ではあるのですが、桓騎の奇策とは異なりこっちはかなり脳筋な作戦ですね。
普通なら却下される作戦ですが、囮になるヒョウ公がやる気満々なあたりも、信とヒョウ公の相性が良いように見えます。

 

実際に作戦が実行されるのが描かれるのはまだ先ですが、これもまた一波乱起きますね。

 

一方、山岳地帯を守る王翦が、突然姿を消したとの知らせが入ります。
桓騎とは別な意味で異彩を放つ彼ですが、ある意味わかりやすい桓騎とは違い何を考えているのかわからないところがあります。
しかしオルド率いる部隊が攻め入る中、その背後から目を光らせる王翦の姿がありました。

 

28巻の見どころは

 

キングダム28巻で一番の活躍を見せたのは桓騎です。
張唐も活躍を見せましたが、そのきっかけを作ったのは桓騎でした。

 

敵兵を無残に苦しめて殺す手口など、野盗上がりであることも含めて問題児枠だった彼ですが、その実力は本物ですね。

 

函谷関の戦いも大詰めが近づいてきていますが、膠着状態から動き出した状態なので、まだまだこなすべき戦いはあります。
それにしてもキングダムは戦いばかり描いている漫画ですが(もちろんそれ以外もありますけど)、武将や戦い方も含めて本当にバリエーション豊富ですね。