漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 中華最強の漢(おとこ)はどちらだ キングダム29巻

 

 

キングダム29巻までのあらすじ

 

合従軍との戦いはまだまだ予断を許さぬ状態が続く中、秦は桓騎と張唐の活躍で韓軍の成恢を討ち取ることに成功しました。
水と油のように合わない二人だけど最後はお互いを認めるような描写もありましたが、残念なことに張唐は戦死してしまいます。

 

そんな中で燕軍のオルドに攻められて王翦は砦を捨てて敗走しましたが、もちろんそれは策としてのものです。
いまだ何を考えているのかわからないところが多い王翦ですが、戦ではしっかりと結果を出してくれるので頼もしさはありますね。

 

中華の至強を決める戦いへ

 

オルドと王翦の戦いは、本格化する前にオルドを取り逃がすことで終わりました。
ただしオルド配下八千の兵は皆殺しにされたことで、燕軍は大きく力をそがれることになります。

 

舞台は変わって楚軍との戦いに場面は移ります。
蒙武と騰による連合が楚軍と戦いを繰り広げていますが、そこで今まで静観する立場にいたカリンが動き出しました。

 

「この場に華やかさとかわいらしさは示した」という台詞は、おそらく楚国ジョークですね。
えぇ、そのはずです。
かわいらしさ……?

 

ここからがキングダム29巻の一番盛り上がる展開になります。

 

これまで力で押し潰す戦いを続けてきた印象のある蒙武ですが、汗明率いる楚軍を相手に「斜陣がけ」を展開しています。
らしくない戦いに見えますが、それもそのはずこの作戦は昌平君の指示によるものだったのです。

 

ドドンドドンドン 汗明!

 

楚軍総大将の汗明は、楚軍のみならず合従軍の力の象徴です。
その汗明を早期に倒すことこそが、昌平君の作戦でした。

 

蒙武は王騎が死亡した一件で大きく株を落とした感はありましたが、これまでに成長している姿も見せてきました。
ここで大ボスにぶつける展開と言うことは、大きく覚醒するイベントと考えて間違いはありませんね。

 

汗明の元に近づくと、そこでは太鼓の音が鳴り響き、汗明のことを讃える応援団のような存在がありました。
「誰が至強か!? 汗明」
やりたいことは伝わってきますが、ここまで来ると盛り上がりとシュールの紙一重な感じがします。

 

汗明自体は登場してまだ日が浅いキャラなのですが、よくぞここまで濃いキャラにできたものだと感心してしまいます。

 

蒙武と汗明の戦いは、最初こそ汗明が押していたものの蒙武の枷が外れて互角になり、最後は圧倒的パワーでねじ伏せる結果になります。

 

その最後の一押しになったのが家族の情というあたり、今までただの脳筋っぽいキャラとして描かれていた蒙武の評価を大きく上げることになりますね。

 

カリンの策

 

中華至強の漢(おとこ)を決める戦いは蒙武が制しましたが、汗明を倒しても合従軍との戦いはまだまだ続きます。
ここでカリンの策が発動することによって、函谷関はさらなる窮地へ立たされることになるのです。

 

キングダム29巻は蒙武が大躍進する巻ですが、それと同時に戦の天才と称されるカリンの動きも見どころになっています。

 

特に汗明の濃さはしばらく忘れられないレベルなので必見ですね。