漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 中華統一へ向けての十五年キングダム41巻

 

 

キングダム41巻までのあらすじ

 

呂不韋が背後で糸を引いていたアイ国の内乱は、無事に鎮圧されました。
政の加冠の儀も終え、娘である麗の命も奪われずに済み、本当の意味での大勝利です。
これにより政と呂不韋、太后の三人による因縁に終止符が打たれました。
そして長く続いた秦国の内乱も終わり、本格的に外へと意識を向けていくことになります。

 

中華統一へ向けてのカウントダウン

 

大きな出来事が終わった後の定番といえば、信と政の二人の語らいですね。
このシーンを見ると、どんでん返しが起こることなく事態は終息したのだと実感できます。

 

そこで政は信に、これから秦国が目指すものを伝えます。
それは15年で6国を滅ぼして中華を統一することです。

 

これまで内乱で足を引っ張られていたとはいえ、あまりにも急な展開です。
普段は突っ走る信も、前線で戦ってきた身としてそれがどれだけ無謀なことなのかと問い詰めるほどです。

 

もちろん政もふざけてこんなことを言っているわけではなく、秦の六大将軍を復活させるところまで考えていることを明かします。
六国を相手取るための六大将軍というわけですね。

 

これまで天下の大将軍を目指してきた信ですが、それに加えて六大将軍の一角を目指す新たな目的ができるのでした。

 

キングダムの1巻で大将軍となった信の姿は描かれましたが、とうとうあの姿までの道筋が見えてきた感じがしますね。
キングダム41巻は後半戦のスタートラインのようなものですが、これは俄然盛り上がります。

 

楚国で起きた大事件

 

舞台は秦国を離れ、楚へと移ります。
そこでは二十年以上も宰相を務めてきた春申君が暗殺されます。
さらには国王が崩御していたため、楚国内は大きな混乱に包まれていました。

 

そんな状況下でカリンは、春申君を暗殺した李園の頼みで楚国の宰相へ就任します。

 

そもそも春申君が暗殺された背景には複雑な事情があり、事と次第によっては楚国の存在そのものを揺るがすような問題があったのです。
そんな状況下で楚国をこれまで以上に強大な国へと成長させるために、戦の天才であるカリンへ声がかかり、彼女もそれを受けることになったのです。

 

信の新たな成長への布石か?

 

舞台は再び秦へと移りますが、飛信隊へ趙の黒羊丘を攻めるため桓騎が率いる軍へ合流する命令が下りました。
これまでの活躍から飛信隊と桓騎軍は相性が悪そうに見えましたが、これは想像以上の問題で信は桓騎に対する拒絶心から無意識に剣を抜きそうになるほどでした。

 

そんな状況下ですが桓騎軍のやり方の中で戦うことになり、正面からぶつかるだけではない戦い方を知ることになります。

 

キングダム41巻からは大きなスタートを予感させましたが、ここから先は桓騎主導の大人の戦いが始まります。
もちろんそれがどういうものなのか予想もできますが、なかなか強烈な引きで終わったこともあり続きがとても気になる巻でした。