漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 桓騎の本領発揮と飛信隊に訪れる危機 キングダム44巻

 

 

キングダム44巻までのあらすじ

 

黒羊丘を巡って戦いを続ける秦と趙ですが、何もせずに挑発をする桓騎の策によって慶舎が前線へ出てきました。
だけどこの時点で慶舎を討ち取ることはできなかったのですが、そこへ飛信隊が迫ります。
明らかな格上を相手に歯が立たない状況で、飛信隊に対して信の檄が飛びます。

 

通常なら士気の向上だけでどうにかなる状況ではないのですが、それでも何とかできるのがキングダムという物語なんですよね。

 

電光石火の一撃

 

信と慶舎の一騎打ちは、慶舎の腕力に信が吹き飛ばされるところからのスタートです。
一見すると体格に恵まれていない慶舎ですが、説明のつかない強さを見せつけます。

 

このあたりはもう慣れたものですね。
信達が新しい六大将軍を狙っているように慶舎も三大天の席を狙う男ですが、そんな男だからこそ攻撃が重いのです。
もっと別の解釈をすれば気を使って体が強化されているとか言えるかもしれませんが、熱意と覚悟があれば戦闘力が跳ね上がるのがこの漫画の特徴です。

 

もちろん信も負けてはおらず、激しい打ち合いの末に慶舎を討ち取ることに成功しました。
また羌カイも劉冬を討ち取り、この戦において秦軍は決定的な一撃を浴びせることに成功したのです。

 

またも虚を突く桓騎の策とは

 

場面は変わって桓騎軍ですが、桓騎はこの戦いにおいて慶舎よりも警戒するべき敵の存在を感じ取っていました。
その裏付けのために配下の砂鬼一族を呼び、紀彗の名を知ります。

 

そしてそこから桓騎の選んだ策は、丘を趙軍に明け渡すと言うものです。

 

これには桓騎の部下ですら納得いかない様子でしたが、ここから事態は大きく変わります。

 

慶舎を討ち取った飛信隊が戻ってきて見たものは、趙軍に占拠された丘と焼き払われている集落でした。
そしてそこには羌カイのことを助けてくれた老婆の遺体もあり、彼女は激情のままに桓騎兵を切り捨てます。

 

桓騎の元で戦うことからいつか起こる問題だと思っていましたが、とうとう起きてしまいましたね。

 

そしてここでもうひとつ大きな事件が起こります。
激昂する信を止めようとする尾平の服から、略奪によって奪われた腕飾りが落ちます。
それは桓騎軍の巴印に半ば無理矢理持たされたものですが、これをきっかけに尾平は飛信隊から追放されてしまいます。

 

器の大きさ

 

飛信隊を追い出されたことで自棄になった尾平は村へ帰ると言い出しますが、そこで聞こえてきた桓騎兵による信への侮辱とも言える会話に激昂し、桓騎兵に殴りかかります。
なんだかんだ言っても、やはり信や飛信隊への思いの強さが伝わってきますね。

 

その後、尾平は飛信隊へ復帰しより一層の団結を誓いました。

 

一方、桓騎は紀彗に対して新たな策を仕掛けます。
慶舎を討ち取ったものの黒羊丘での戦いはまだまだ続くところで44巻は終わります。

 

キングダムの44巻もイベントもりだくさんで、休むことなく一気に読み続けたくなる内容でした。