漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 中華統一へ向けたさらなる一歩 キングダム45巻

 

 

キングダム45巻までのあらすじ

 

趙軍総大将の慶舎を討ち取ることに成功した秦軍でしたが、趙との戦いはまだまだ続きます。
そして桓騎軍による略奪・陵辱行為により信達は桓騎軍と激突寸前まで行きましたが、結果的に尾平のおかげで衝突は回避できました。
尾平自身も飛信隊を追放されそうになりますが、このことをきっかけに一層の団結を誓います。

 

一方で、桓騎から紀彗に対して罠が仕掛けられるところから45巻のスタートです。

 

黒羊丘か離眼の城か

 

桓騎兵の虐殺行為は、下っ端はノリノリでしたがすべて桓騎の策に必要なものでした。
一般人の死体を使って作られた凄惨なオブジェを紀彗に見せ、これ以上のものを離眼の城で起こすと告げたのです。

 

離眼を選べば黒羊丘を明け渡すことになりますが、そうしなければ愛する民が虐殺される。
この二択を迫られた紀彗が選んだのは、離眼でした。

 

そしてこの選択が勝敗を決める決定打になり、趙軍は黒羊から全軍撤退を余儀なくされます。

 

その事実を知った信たちは、桓騎のやり方とは相いれなくとも結果的に最小の被害で最高の結果を出すことはできたことから認めざるを得なくなります。
これこそが桓騎の言っていた大人の戦いだったのです。

 

中華統一によって作られる国の形

 

趙軍とは一時休戦という形で落ち着いた黒羊の戦いでしたが、信は慶舎を討ち取った功績を味方殺しの罪で相殺されます。
あと一歩で将軍になれたのかもしれませんが、結果として飛信隊は大きく団結できることになったので、これはこれで良い結果です。

 

一方、咸陽では蔡沢が斉王と李牧を連れてくるという事件が起こります。
一歩間違えれば大惨事になりかねないような行為ですが、結果として蔡沢の行動は秦にとって大きな益をもたらすことになりました。

 

政によって語られる中華統一後の国の形は、秦人も他国人も一切が法の下に平等な法治国家です。
征服戦争による被害者ではなく、平等な国民として新国建国のために一丸となれる状況を作ることが、国を滅ぼされる側に対して出した答えです。

 

人が支配する国ではなく、法が支配する国を作ることは簡単なものではありません。
だけどこの答えは斉王を納得させられるものであり、非公式ではありますが斉が秦に降る約定へと繋がったのです。

 

そして李牧との謁見に舞台は移りますが、李牧からは七国同盟により中華から戦いを無くす考えを提案されます。
だけどその同盟は未来でも守られる保証がなく、政はその考えを否定します。

 

この決裂によって李牧からあらためて秦国への宣戦布告がなされ、趙との戦いに向けて事態が動き始めます。

 

キングダム45巻も濃密な内容でした。
よくここまで濃い展開を続けられるものだと感心してしまいますね。
だからこそキングダムはおもしろいし、多くの人を引きつける漫画なのです。

 

飛信隊も大きな試練を乗り越えることができ、45巻の最後では新たに隊員登用を始めています。
そこで何やら一芸特化の新入りが増えそうで、これからもどんどん進化していくことが予想できますね。