漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 蒙恬将軍誕生なるか? キングダム49巻

 

 

キングダム49巻までのあらすじ

 

秦と趙の戦いにおいて重要な意味を持つギョウ攻めが開始されます。
当初の戦略を完全に捨てて、桓騎からもある意味高く評価されている王翦の策は、はたして李牧を倒すことができるのでしょうか。

 

朱海平原での戦いはまず蒙恬の活躍が光り、続いて命令無視をしてまで突撃をした王賁が馬南滋との戦いを始めます。
信はまだ後方で待機している状態なだけに、彼らに続く出陣がいつになるのか楽しみですね。

 

獣同士の戦い

 

馬南慈と王賁の戦いは、馬南慈が勝利することになります。
もちろん王賁が討たれる訳ではなく撤退することになりますが、今はまだ実力差があることがわかりました。
ただしキングダムという物語では突然の成長があります。
この朱海平原での戦いの中で王賁が覚醒し、馬南慈に勝利する可能性も十分にあるのです。

 

一方、楊端和に対してリョウ陽軍総大将を務める舜水樹が挑発をし、リョウ陽城へと誘い込みます。

 

ここには趙人とは異なる人種の人間が巣くっており、彼らを山の民にぶつける作戦だったのです。
そこで現れたのは、かつて周王朝を滅ぼしたとされる大犬戎族の末裔です。

 

山の民もかなりの暴力性を持っていますが、それに負けず劣らずの集団がぶつかります。

 

李牧の策と想定外の事態

 

王翦は戦いの中で、麻鉱軍と楽華隊と飛信隊の三軍が敵将の首を獲る本命になれるよう仕掛けを施していました。
だけどその策をあざ笑うかのように李牧が動き出します。

 

紀彗軍を追い詰める麻鉱軍ですが、そこへ突然現れた李牧が麻鉱をあっさり討ち取ってしまいます。

 

彼の訃報が広まるにつれて戦局は一変し、秦軍は不利な状況へ立たされてしまいます。
だけどここまでの策を成した李牧にも想定外の事態が起こりました。
蒙恬の機転によって麻鉱軍は息を吹き返し、李牧の策を打ち破ることに成功したのです。

 

この蒙恬の活躍は王翦からも高い評価を得られることになり、麻鉱がいない状態で左翼の全権限を持つ将軍の位が与えられます。
もちろん正式なものではなくこの戦いの間だけですが、信と王賁と蒙恬の出世競争では蒙恬が一歩先へ出ましたね。

 

次に活躍をするのは王賁か?

 

左翼を蒙恬に任せることにした王翦ですが、翌日の戦いでは左翼よりも右翼側が要になると読んでいました。
そしてその右翼側にいるのは王賁です。

 

信は今のところこの戦いにおいて列尾での戦いで戦果を上げていますが、これはそろそろ王賁に光が当たる可能性が出てきましたね。

 

キングダム49巻は主要キャラの活躍という意味では武よりも策が前に出ている内容でした。
だからこそ蒙恬が活躍をしたと言えるのですが、そろそろ武による激突が見たくなりますね。

 

王翦と李牧の戦いはまだまだ終わりが見えない状況ですが、次はいったい誰が活躍するのかとても気になるところです。
キングダム49巻はどちらかというと溜めの巻に見えますが、それでも先が気になる面白さ満載です。