漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ キングダム2巻 将軍への道

 

 

第9話 山の民

 

『キングダム』2巻目冒頭、ようやくたどり着いた、昌文君軍との合流地
は無人でした。
ここが400年前の秦の名君・穆公の避暑地であったと語る政に、なぜ手入れされているのか疑問を投げる貂。
政は穆公と「山の民」の逸話を語ります。

 

第10話 油断

 

刺客ムタが遂に襲来。
信はムタの外見から想像もつかない物凄い殺気に気圧されます。
速さなら負けないと放った剣は躱され、強烈な打撃が信の頭部に炸裂します。

 

第11話 不退転

 

政の手助けを拒み、一人で戦うことを選んだ信ですが、防戦一方。
ですが政の激励に、一気に調子を取り戻します。
一方、王宮で王騎将軍が持ち帰った「昌文君の首」は破損が酷く見分不可能でした。

 

第12話 忠臣

 

殺気による重圧をはねのけた信は、形勢逆転。
ついにムタを斬り伏せました。
『キングダム』で信が「名前のある敵」を倒した最初が2巻のこの場面です。
そしてムタを、背後から斬り捨てた老人こそ、漂を身代わりに仕立てた張本人、昌文君でした。

 

第13話 熱き合戦

 

合流した昌文君の軍は、王騎将軍の追撃を受けて皆ボロボロの状態でした。
彼は昌文君に対して「熱き血潮渦巻く戦いを求めて」戦うと言い放ったといいます。
そして漂の最後については、そばにいた青年・壁がその勇姿を伝えたのでした。

 

第14話 将軍への道

 

漂が最後まで影武者として振る舞い兵を指揮したと聞いた信。
ともに夢見た大将軍への道を改めて決意。
しかし政はお前は兵にもなれぬと言います。
兵の資格すら、政に助力して手柄を立てなければ貰えないと知った信は、ひとまずの目標を定めました。

 

第15話 呂丞相

 

貂は倒れたムタから吹き矢を受け継ぎ、さらに重要な情報を聞き出します。
反乱鎮圧に協力してくれるはずだった呂丞相が、政を見捨てるつもりだと。
既にそれを理解していた政は、唯一味方になる可能性のある軍勢のことを口にします。

 

第16話 馬酒兵三百

 

最後の頼みの綱。それは400年前に穆公が交流を持った「山の民」たちでした。
山の王に助力を願うため、政たちは過酷な登山をします。
途上、政は信たちに「馬酒兵」の逸話を語るのでした。

 

第17話 遭遇

 

負傷した身での厳しい山道に、次々と脱落していく兵士たち。
少数になった信たちは山の民に包囲されます。
山の民は政の望みを知っており、政ただひとりを「山の王」に面会させると宣言しました。

 

第18話 託す思い

 

政ひとりを行かせるわけにはいかないと拒む昌文君と信。
争いを止めたのは政自身。
政は自ら、ひとりで連れていかれることを承諾したのです。
信は下山の命令に反し、政を追う決意をします。

 

第19話 驚愕の世界

 

政を救出するために山の民の後を追う政・貂・壁の3名。
ですが野営中に忍び寄っていた山の民に3人とも捕らえられます。
連れていかれた山の民の国は、平地の人間には想像もつかなかった光景が広がっていました。
『キングダム』2巻はここまで、3巻でいよいよ山の王との出会いが語られます。