漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 秦の次代を担う3人 キングダム17巻

 

 

キングダム17巻までのあらすじ

 

秦趙戦争編で秦は王騎将軍を失いました。
そこで信は王騎将軍から矛を受け取り、彼から受けた教えを胸に刻んで大将軍への道を歩み始めます。

 

王騎の矛はキングダム1巻で大将軍になった信が手に持っていることから、最後まで彼の武器として使われることになるのですね。
ただ信は精神的にも肉体的にも成長途中にあるので、今の段階ではまだ矛に負けているように見えます。

 

呂不韋と李牧の交渉対決

 

王騎の死後から1年が経過し、信の率いる飛信隊は順調に功を上げていました。
そんな中で昌平君の呼び出しを受けて咸陽へ呼び出されることになるのですが、そこでは秦と趙による交渉が行われます。

 

趙国王の臣下であり、その寵愛を受ける春平君が秦の丞相である呂不韋に拉致され、彼を帰して欲しければ宰相の李牧自身が迎えに来させるように脅していたのです。

 

戦争から一年が経過したあとでの交渉でしたが、人質を使って無理矢理李牧を交渉の場に呼び出す。
そのやり方は確かに効果的かも知れませんが、なかなかに卑怯な手段ですね。

 

秦はその場で合図があったら李牧を殺すように言われますが、それを拒否。
しかしその時はほかの誰かが李牧を殺すことになる一触即発な空気の中で、呂不韋と李牧による交渉が行われます。

 

ここで信が李牧から受けたイメージは、策を巡らせるだけの優男ではなく武人としてのもの。
まっとうな二枚目キャラですが、やはりこの李牧という男も相当な武力を持っていたわけです。

 

王一族

 

趙との戦いが終わり、秦では魏の攻略へ向けて本格的な計画が立ち上がります。
そんな中で起きた戦の中で、秦は今後ライバル関係になる人物と出会います。

 

彼の名は王賁。
三百人将であり地位の面で言えば信と同じ立場にあります。
王と付いていることからもわかるように、王騎と関わりのある人物です。
ただし王家の中でも彼は本家の人間で、分家の王騎よりも血筋としては上になります。

 

下僕の出である信に対して身分の差を知れと言い放つ王賁ですが、それによって火がついた信も負けじと対抗し、競い合うように功を積み上げていきます。

 

そして別の場所ではもう一人の若者が登場します。
蒙ゴウ将軍の孫であり蒙武将軍の長男である蒙恬。
彼は千人将へ昇格をしていましたが、あと一年は三百人隊で経験を積むように言われており、今後戦争が起きた際には信や王賁と肩を並べて戦うことが予想できますね。

 

次の時代への転換期

 

17巻へ来て、本当の意味で信のライバルになりそうなキャラが登場しました。
これまでは成り上がることが主になっていて出てくるキャラはみんな格上ばかりでしたが、同格と競い合う展開になっていきます。

 

キングダム17巻では様々なキャラが新登場して、これからの展開に期待ができます。
もちろん癖の強いキャラがたくさんいるので、どんどん怪しい展開になっていきそうなのも見どころのひとつですね。