漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ハンターハンター8巻 幻影旅団とは何者なのか

 

 

ハンターハンター8巻では、これまで謎に包まれていたジンについての情報が一つ明かされることになります。
ハンター試験に合格したことによって得た念能力によって、故郷の島でジンにまつわる情報を手に入れることになります。

 

そこにはジンからゴンへのメッセージが残されているわけですが、そこで発動する念能力による仕掛けは、非常に印象深いシーンの一つと言えるでしょう。
7巻までは戦いのための能力としてしか描かれていない念能力ですが、ハンターハンター8巻のゴンのメッセージのシーンでは、ユニークな仕掛けのために使われており、短いシーンですが、非常に印象に残っています。

 

そして、ジンについての情報が一つ明らかになるたびに、また別の謎が深まると言った感じで、ジンに近づいているようで近づけていないような、この絶妙な距離感も8巻の魅力の一つと言えるかもしれません。

 

クラピカがいよいよ動き出す

 

天空闘技場シリーズでは出番がなかったクラピカですが、金持ちの雇われハンターとなって登場します。
クラピカの人生の最大の目的は、亡くなった仲間たちの目である、緋の目を取り戻すことですが、その目的のために、金持ちに雇われることになるわけです。

 

同僚の雇われハンターたちは、いずれも念能力が使える実力者たちで、いよいよ物語は本格的に動き出してきたという印象を受けるのが8巻ですね。

 

クラピカは緋の目の入手を計画するとともに、仇である幻影旅団も追い続けています。
緋の目と幻影旅団の両方が深く関わる展開ですので、このヨークシンシティでのオークション編は、ファンが多いシリーズでもあります。

 

ちなみに、クラピカは男のような髪型としゃべり方をしていますが、女説が根強くあるキャラクターでもあります。
富樫義博の作品には、幽遊白書の蔵馬など、女っぽい男のキャラクターがたまに出てきますが、クラピカの性別は今のところ不明です。
いつかは明かされる時が来るのでしょうか。

 

幻影旅団の圧倒的な強さ

 

世界に数多い賞金首の中でも、幻影旅団はその最たるものとされています。
これまであまり情報が無かった幻影旅団で、出てきたのは偽物の旅団四天王くらいだったのですが、この巻でその見た目が明らかになることになります。

 

どのキャラクターも一癖ありそうな感じで、凶悪な犯罪者という雰囲気にぴったりですね。

 

幻影旅団はハンターハンターという漫画に深く関わる存在ですが、その圧倒的な強さも、この巻で発揮されることになります。
マフィアが開催している闇のオークションに少数で乗り込んでいって、そのオークションの品物を力で強奪するという荒業です。

 

この強奪の過程で、クラピカの同僚も何人か消されてしまうわけですが、特徴あるキャラが何人かいたので、もうちょっと引っ張ってほしかった気がしないでもありません。
富樫さんの漫画は、ユニークなキャラがどんどん出てくるのですが、一方で、ちょっとした描写だけで消されてしまうこともザラにあります。

 

読者としては自分の好きなキャラが、そうやって消されないことを祈るしかありません。