漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ハンターハンター13巻 人気の高いグリードアイランド編

 

 

ハンターハンター13巻では、ヨークシンシティでのお話の最後が描かれます。
幻影旅団を捕まえようとして、逆に捕まってしまったゴンとキルア、そして、その代わりに、幻影旅団のトップであるクロロを捕まえることに成功したクラピカ。
クラピカの人生において、幻影旅団の壊滅は大きな目標となっています。
まして、幻影旅団の中でクロロはその頭の良さや実力がずば抜けているため、クロロさえ消すことができれば、あとはそれほど大したことはないと言ってもよいレベルです。
幻影旅団のメンバーの一人は、「団長がいなくなっても、幻影旅団は存続できる」みたいなセリフを吐いていますが、作中での描写を見る限り、団長と他のメンバーとの実力にはかなりの開きがあり、団長がいなくなった時点で、旅団は終了といっても過言ではありません。
そんな幻影旅団のトップの身柄を確保しているクラピカにとっては、幻影旅団をつぶす絶好のチャンスと言えます。
ですが、クロロを消してしまった場合、ゴンやキルアが無事に帰ってくることがありません。
このあたりの究極の二択を前にして、クラピカがどういった選択を取るのか、13巻で非常に見ごたえのある部分だと言えるでしょう。

 

グリードアイランドの試験が始まる

 

ゴンやキルアがヨークシンシティのオークションで手に入れようとしていた、グリードアイランドですが、結局、大富豪がまとめて落札することになってしまいます。
そして、ハンターハンター13巻ではグリードアイランド編が始まるわけですが、ゲームが好きな人にとっては、かなり面白いシリーズだと思います。
グリードアイランドは、念能力で作られたゲームなので、最低限、念能力が使えないとプレイすることができません。
そのプレイヤーに選ばれるためのオーディションが開催されるシーンが13巻では描かれることになります。
ヨークシン編では実力差がある相手との緊迫したやり取りが描かれることが多かったですが、グリードアイランド編では雰囲気が一気に変わります。
ゲームを通じて目標を達成したり、少しずつ成長していく、RPGのようなまったりした雰囲気で描かれています。

 

念能力とゲームを合わせるという発想

 

念能力は戦うために用いられることが多いですが、それ以外にも様々な使い道があることが、これまで描かれてきました。
そして、その念能力はゲームにも応用できるというのが面白いところです。
ハンターハンターの途中から出てくる念能力なのですが、よくこういった設定を考えつけたなと感心してしまうほどです。
通常、バトル漫画はどんどん相手が強くなって、強さがインフレしていくのを避けることはできません。
ただ、念能力の場合、単純な強さだけでは勝敗が決まらないという設定になっているため、強さがインフレしづらいのが凄いところと言えるでしょう。
もっとも、念能力をゲームに応用する時点で、初期の頃と比べるとかなりインフレ気味ではあるのですが、読んでいて面白いので、そういった部分はあまり気にならないかもしれませんね。