漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ ハンターハンター26巻 対決! 直属護衛軍

 

 

コムギの治療のために

『ハンターハンター』26巻で戦力バランスを最も変化させたのはどんな念能力者よりも、コムギの存在だったでしょう。
「龍星群(ドラゴンダイブ)」で瀕死の重傷を負ったコムギ。
王はネフェルピトーに彼女の治療を頼み、ゼノとネテロに離れた場所で戦おうと申し出ます。 護衛軍と自分の分断は、望むところであろう、と。同意してその場を離れる3人。
しかしその後あらわれたのがゴンでした。
「オレはゴン=フリークス!!! カイトを取り戻すためお前に会いに来た!!!!」
だが、そこにはゴンにとって有り得ない光景が広がっていました。王の大切な人を治療する、そのために全力を尽くすネフェルピトーの姿。
彼女の治療を見逃してもらうために土下座し、変な気を起こすと疑うなら治療に支障のない範囲で自分の体を壊してもいいと懇願するピトー。
ゴンにとってネフェルピトーは、カイトを殺し、無残な姿に改造してもてあそんだ張本人。
そのピトーがまるで過去を忘れ、最初から善人でもあったかのように見知らぬ少女を治そうとしている姿は、ゴンにとって決して受け容れられるものではありませんでした。
困惑からくる怒号を繰り返した末に、ゴンは一時間だけ待つ、終わったらすぐにカイトを元に戻せと条件を出します。

 

イカルゴの探索

 

ゴン達階段からの突入組で、非戦闘員はイカルゴとメレオロン。
メレオロンは戦っている仲間の姿を隠させる要員。本当に戦場から離れるのはイカルゴ一人です。
彼の目的はパームの救出。
しかし城にいる蟻たちは、3人の護衛軍だけではありません。
ザリガニのブロウーダ、狼のウェルフィンらの警戒をかいくぐりながら、自身は戦う力に乏しいイカルゴは命がけでパームを探し続けます。
そしてついに見つけた彼女の自室で、イカルゴは念で書かれた文字を見つけます。
「決行時まで連絡なき場合、亡き者として行動されたし」
『ハンターハンター』の多くの読者にとって愛すべき「キモカワイイ」ヒロインだったパーム、彼女は本当に死んだのでしょうか……。

 

3つの戦い

 

この『ハンターハンター』26巻で取り上げられている主な戦いは3つ。
ゼノ・ネテロ対「王」戦、ナックル・シュート対モントゥトゥユピー戦、そしてモラウ対シャウアプフです。
一番長く語られているのが、モントゥトゥユピーとの戦いです。
作戦はメレオロンの「神の共犯者(パーフェクトプラン)」で透明になったナックルがユピーに「天上不知唯我独損(ハコワレ)」を使用し、ユピーが利息でオーラを使い果たすまで粘ることでした。
戦闘力だけでいえば最も化け物じみたのがユピー。
ナックルとシュートの2人は、ボロボロになりながら必死に時間を稼ぎます。
敵にとどめを刺せず、利息を告げるポットクリンの性質もわからないまま、苛立ちを募らせるユピー。
冷静さを失ったと見てさらなる攻撃を叩き込むため、ナックルは飛び込んでいきます。
しかし、その瞬間ニヤリと笑うユピー。
演技だった、殺られる、ナックが死を覚悟したその瞬間
「落雷(ナルカミ)!!!!」
ネフェルピトーとの戦いが休戦したために、メレオロンとキルアが援軍に現れたのでした。

 

そして逆に、モラウ対シャウアプフ戦では、逆にシャウアプフこそが時間稼ぎのように繭にこもってしまっていたのでした。
『ハンターハンター』蟻と人の知恵比べは、26巻から27巻にもつれ込みます。