漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 『転生したらスライムだった件』1巻の感想

 

 

ネット小説で話題になった『転生したらスライムだった件』ですが、いまやアニメ化されるほどの大人気作品になりました。
そこで、小説の漫画版を1巻から電子書籍で読んだので、ネタバレ少なめで感想を書いていきますね。

 

全体の感想

まず1巻の全体的な評価ですが、RPGなどファンタジーの世界が好きな方なら入り込みやすい世界ではないでしょうか。
普通のサラリーマンが死んだらスライムに転生してしまったという世界観ですが、主人公は現世への未練とかそういうのは少なく、転生した世界にスッと馴染んでしまいます。
スライムに転生して「リムル」という名前になった主人公ですが、雑魚キャラの代表格のはずのスライムがスキルを習得してどんどん強くなるという発想が面白いですね。
弱いところから苦労して強くなるのではなく、難なく最強の存在になるので、スポコン的な苦労話は面倒という方にはストレスがなくて楽しめると思います。
また、主人公リムル以外のキャラクターがバラエティーに富んでいて魅力的なのも良かったところです。
RPGでお馴染みのゴブリンやドワーフ、エルフなどいろんな種族が登場しますし、単に主人公が最強というだけでなく、そういうバラエティーの豊かさが人気になるポイントだと思いました。
2巻以降の展開が楽しみですね。

 

RPGの世界に入った感覚

 

どんな作品でもそうですが、主人公に感情移入できるかがその作品を好きになるかどうかのポイントだと思います。
その点、『転生したらスライムだった件』の主人公は、通り魔に殺されていきなりスライムに転生してしまったのにもかかわらず、すぐに新しい世界に順応して成長しようとする前向きな考え方の持ち主だったので、私は好みでした。
漫画を読む前は、現実世界に戻ろうと主人公が悪戦苦闘する話なのかと思っていましたが、完全にRPGの世界に馴染んで、スライムとして成長していくファンタジーです。
スキル、種族、武器、王国、魔王などRPGとしての設定がしっかりしていますし、何の説明もなく進んでいくのではなく、新しいものが最初に登場した時にはちゃんと解説があるので、本当にRPGをプレイしているような気分になれますね。

 

シミュレーションゲームとしての魅力も

 

あとは、シミュレーションゲームのような面白さがあるのもおすすめポイントです。
主人公リムルは、スライムながらその最強のスキルを武器に、ゴブリンという原始的な部族を率いて陣営を拡大していきます。
徐々に仲間が増えて新しい世界が開けていくのは、この手のゲームが好きな人なら本当にワクワクしますよ。
1巻はまだまだ物語の序盤という感じですが、このままの勢いで2巻以降も進んでくれることを期待してしまいますね。

 

電子書籍版の漫画がおすすめ

 

以上、漫画版『転生したらスライムだった件』1巻の感想です。
小説が苦手な人も電子書籍版の漫画ならすらすら読めるでしょう。
今では異世界転生モノも珍しくないですが、このジャンルが初めてならやっぱりこの作品は押さえておきたいですね。