漫画を電子書籍で読みたい!!おすすめサービス比較ランキング

漫画は電子書籍で読むのがおすすめ 『転生したらスライムだった件』8巻の感想

 

 

漫画版『転生したらスライムだった件』を電子書籍で読んでいますが、今回は8巻の感想です。
前回は、魔王ミリムが一緒に暮らすことになったり、魔王カリオンの部下ファビオを撃退したり、隣国から来たヨウムを英雄として訓練することになったり、いろんなことが立て続けに起きました。
ただ、主人公リムルの戦闘シーンがなかったので、8巻ではいよいよ本格的な戦闘かと期待が高まりますね。
あと、悪い魔王のクレイマンの動向も気になります。
では、電子書籍の漫画版『転生したらスライムだった件』8巻の感想です。

 

サメの祖先が登場

 

前巻で登場した荒くれ者ヨウムの英雄としての訓練が終わりましたね。
ところが、これで問題解決と思ったら、すぐに新たな問題が起こります。
魔王クレイマンが暴風大妖禍(カリュブディス)というモンスターをどうにかしようと企んでいましたが、とうとうそれが復活しました。
カリュブディスというのはギリシア神話由来の名前らしいですが、そんな伝説のモンスターが攻めてきたため、テンペスト側も抗戦せざるを得ず、激しい戦いが始まりました。
そのカリュブディスが引き連れてきたのが、メガロドンというサメのモンスターです。
メガロドンとは実際に古代の地球上に存在していたサメの祖先ですよね。
なぜ空を飛ぶのかはともかく、それがこの世界にいるということは古代の地球から異界に召喚されたということでしょうか。
となると、主人公たち人間だけでなく、他にもいろんな生き物が転生や召喚によって異界にやってきているのかもしれませんね。
今後も何かが登場するかもしれません。

 

魔王ミリムはやはり強かった

 

カリュブディスの下っ端のメガロドンですが、これがけっこう強くて魔法は受け付けないし、リザードマンやシオンが何とか応戦できるレベルでした。
10時間も膠着状態が続いて、ようやくカリュブディスを動かしているのがファビオの意志であることが確認できます。
そこで、リムルはスキルを使ってカリュブディスをファビオから引き剥がし、後は魔王ミリムの出番です。
さすが実力者のミリムだけあって、見た目はロリキャラですが瞬殺でしたね。
ファビオは生かしておきましたが、そのおかげで隣国ユーラザニアと不可侵条約を結ぶことに成功したのは大きかったです。
それにしても10時間かけてもリムルが倒せなかった相手をミリムは一瞬で倒したわけですから、まだまだリムルは魔王たちとかなり力の差があるっていうことがわかりましたね。

 

物語は新章を迎えるか

 

その後、クレイマンが暗躍しているらしい描写がありましたし、魔王ミリムはいったんリムルから去ることになり、リムルも旅に出そうな雰囲気で終わった8巻でした。
いろんな伏線が張られていますが、リムルが旅に出るとなると、テンペストの内政や外交の話はいったん終わって、新たな冒険が始まるということでしょうかね。
ますます先が気になる展開になってきた漫画版『転生したらスライムだった件』ですが、9巻以降も電子書籍で読んでいきたいと思います。